楽天カードフリーケアプログラムの全容と僕が加入を止めた2つの理由

Adsenseページ単位の広告
home-1353389_1920

楽天カードからフリーケア・プログラムというお知らせが届きました。

どうやら無料で入れる保険で、入院保険金が一時金として支払われるものののようなのですが、色々調べた結果、僕は加入を止めました。(後日イオンカード・フリーアクシデントという、死亡・後遺障害保険金が給付される似たような無料の保険の勧誘も来ましたが、こちらも加入しませんでした。)

今回は、フリーケアプログラムの詳細と、なぜ僕は加入しなかったのか、その理由についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

楽天カードフリーケアプログラムとは?

楽天カードフリーケアプログラムとは、楽天カード会員限定で提供される傷害保険です。タダで加入できる無料特典と、必要に応じて有料で加入できる追加補償プランがあります。

中身はチューリッヒが提供する交通事故傷害保険

楽天カードのフリーケアプログラムの実体は、スイスに本社を構える外資系保険会社チューリッヒが提供する交通事故傷害保険です。

楽天自体が保険を提供しているわけではないんですね。

ここで、交通事故傷害保険とは、交通事故を原因とするケガに対して補償してくれる保険のことです。

保険と聞くと医療保険などをイメージしてしまうかもしれませんが、フリーケアプログラムは医療保険ではなく傷害保険の仲間です。

医療保険が病気とケガの両方に対して補償してくれるのに対し、傷害保険はケガのみに対してしか補償されません

一時金として入院保険金30,000円がもらえる

フリーケアプログラムの補償内容は、「交通事故によるケガが原因で5日以上入院した場合に、一時金として入院保険金30,000円を支払う」というものです。

支払い条件となる「交通事故」には以下も含まれます。

  • 駅の構内など改札口の内側で被った事故
  • 乗物の火災による事故

楽天カードフリーケアプログラム重要事項説明書より

ポイントは、ケガをしただけでは保険金は支払われないというところです。5日以上入院しなければもらえません。3日入院しただけでもダメなのです。

また貰える保険金額は、治療に掛かった費用などとは関係なく、一律30,000円となっています。

なお、補償対象はフリーケアプログラムの通知をもらった楽天カード会員本人のみで、その配偶者や家族は補償対象外となっています。

補償期間3年間で、保険料は無料!

保険が有効となる期間は加入日から3年間となっています。

そしてここがフリーケアプログラムにおいて最重要ポイントですが、3年間の補償期間中、保険料は無料なのです。そう、なんとタダなんです。

無料で保険に入れるってあり得なくない?と思った方、やっぱそう思いますよね。僕も何で?って思いました。

この無料のカラクリ、正確に言うと、楽天がサービス拡充の一環として被保険者の代わりに保険料を負担するため、被保険者には保険料が発生しないのだそうです。これは、フリーケアプログラムのお知らせに書いてあります。

DSC_2065

3年後は自動的に終了となり、保険料は一切発生しない

これもフリーケアプログラムのお知らせに明記されていますが、保険料無料での補償期間3年が過ぎた後は、この保険は自動的に終了となり、保険料が請求されるということは一切ないそうです。

つまり、3年経過時に勝手に更新されることはないということです。

楽天と聞くと色々仕組みが複雑なイメージがありますが、3年後に自分で何か手続きをする必要が無いというのは安心ですね。

任意で追加補償プラン(有料)にも加入可能

有料にはなりますが、入金保険金30,000円の補償に上乗せして、死亡保険金や入院日数に対して支払われる入院保険金、手術保険金といった補償プランを追加することも可能です。

入院保険金30,000円の無料プランがカード会員本人のみを補償対象としていたのに対し、この有料プランはカード会員の配偶者も補償対象に加えることができます。

もちろんその分保険料は高くなりますが。

僕がフリーケアプログラムに加入しなかった理由

DSC_2066

ここまでフリーケアプログラムの内容を見てきて、悪くない内容だし、無料なんだから入ってみようかなぁとも思いました。が、最終的に、僕は加入しないことにしました。

その理由は2つあります。

補償内容、条件があまり魅力的でない

よくよく考えると、補償内容が微妙だなぁというのが1つ目の理由です。

5日以上の入院って、入院期間を短縮する方向に進んでいる今のご時世、なかなかあり得ないんじゃないのかね。病気も含むならまだしも、ケガによる入院のみとなると、そうそう起きないことのような気がします。

しかも交通事故によるケガのみっていう点も、ハードルをあげていますよね。

その辺のことには目を瞑って、5日以上入院するような交通事故が起きた場合、それってきっと相当な大怪我なはず。そんなときに30,000円ぽっちっていうのも心許ない。

それでも無いよりはマシとも言えるかも知れません。

ただ実のところ、僕は自動車保険に入っていて、その中に交通乗用具事故に対する傷害補償がありますので、無料プランにしても有料プランにしても、この程度の補償内容であれば必要ないのです。

この保険を魅力的と思えない一番大きな理由は、ここにあると思います。

不要なもののために個人情報を渡すのか?

自動車保険でカバーされている補償内容だからフリーケアプログラムは必要無いとは言うものの、タダなんだから入っておけば、30,000円分多く補償される可能性もあるかも知れないし、いいじゃないの、とも考えました。

でも、フリーケアプログラムに加入するということは、楽天経由でチューリッヒに僕の個人情報を渡すことになります。

別に個人情報を渡したところで勧誘がくるとかその程度のことかとは思いますが、不要なもののためにわざわざリスクを冒すのは個人的にはナンセンスかなぁと思います。

必要なら加入しても全然問題無いと思う

僕がフリーケアプログラムに加入しなかった理由について書いてきましたが、もちろんこれは僕の場合の話なので、折角だから加入してみようかなーと感じる方は加入しても全く問題無いとも思っています。

無料特典は加入するだけしといても良いと思う

上記の理由から僕は加入を見送りましたが、無料特典についてはタダだし、無いよりはあった方が良いのは確かなので、個人情報とかあまり気にしないのであれば加入しても良いと思います。

まぁ正直個人情報渡したところで勧誘が来るくらいだと思いますので大きな問題はないでしょうしね。

追加補償プランも悪くない内容

追加補償プランも保険そのものは意外と悪く無さそうです。

下の表は最大手の保険会社である東京海上日動火災保険の「トータルアシストからだの保険(傷害定額)」という普通傷害保険のプランです。例えばこのBプランと比較すると、楽天カードフリーケアプログラムは月額480円も安いということになります。

トータルアシストからだの保険(傷害定額)の方は、死亡・後遺障害保険がついているので、フェアな比較ではないですが、他に似たような保険が見つかりませんでした・・・

まぁこれを見た感じでは楽天カードフリーケアプログラムの追加補償プランは別に高い保険料が設定されているとか、そういうことは無さそうです。

free-accident

東京海上日動火災保険HPより抜粋

ここで見たように、補償内容は保険会社によって少し違いがあったりしますので、追加補償プランに入ることを検討されている場合は、一応他の保険も見てみて、自分の必要な補償内容と一番マッチしているものを選択するようにした方が良いかと思います。

でも個人的にはやっぱり入院保険・手術保険は要らないと思っているので、追加補償プランはわざわざ加入しなくてもいいかなーとは思いますけどもね。

保険に対する僕の考え方・スタンス
このブログでは、保険に関する話題も扱っていきます。今後、保険に対する意見を述べるにあたって、僕の保険に対する考え方やスタンスが大きく関わって...

一方で個人賠償責任保険については絶対必要と思いますので、もしまだ自動車保険や火災保険などの特約で加入していないというのであれば、この追加補償プランに加入する価値はあるかもしれません。

ただ、個人賠償責任保険に入りたいということであれば、先ほども出てきた東京海上日動火災保険の「トータルアシストからだの保険(傷害定額)」の交通事故限定プランの中のDプラン(下表)なら、月々410円で自分用の交通事故傷害保険と家族全体用の個人賠償責任保険がついてくるので、楽天カードフリーケアプログラムの追加補償プランよりも安く済んでしまいます。

そう考えると、やっぱり追加補償プランは要らない気がしてきました・・・

free-care-program

東京海上日動火災保険HPより抜粋

ちなみに個人賠償責任保険は、傷害保険以外にも、クレジットカードのサービスで月々120円とかで個人賠償責任保険だけに加入することもできたりするようです。自分の持ってるクレジットカードにそういうサービスが無いか是非調べてみてください。

まとめ

楽天カードのフリーケアプログラムは、チューリッヒの提供する交通事故傷害保険であり、無料で加入でき、「交通事故によるケガが原因で5日以上入院した場合に、一時金として入院保険金30,000円を支払う」という補償内容を3年間も補償してくれます。

ただし、個人情報をチューリッヒに渡すことになるので、加入の判断には、自分が既に加入している保険内容を確認して、フリーケアプログラムから得られる効果と個人情報を天秤にかける必要があると思います。

また、フリーケアプログラムに加入したとしても、無料プランだけではカバーできる範囲がかなり狭いです。

もしケガに対する補償が必要だと考えるのであれば、追加補償プランまたは他社の傷害保険への加入を検討することをお勧めします。

参考:イオンカードも同様(ちょっと違う)の無料保険を提供

イオンカードからもイオンカード・フリーアクシデントという無料の保険が提供されています。

楽天フリーケアプログラムの無料特典は入院保険金が給付されるのに対し、イオンカード・フリーアクシデントの無料特典は死亡・後遺障害保険金が給付されるなど、他にもちょっと違いがあったりします。

イオンカード・フリーアクシデントとは?全容と僕が加入を止めた理由
イオンカードからイオンカード・フリーアクシデント無料特典加入のお知らせが届きました。 似たようなものに、以前記事にした楽天カードフリー...

コメント

  1. 匿名 より:

    理由が普通すぎて読んで損した気分です。

    • えいきち より:

      >匿名さん
      コメントありがとうございます。
      損した気分にさせてしまってすみません・・・
      もっと斬新な発想ができるように精進しますのでご容赦を!