食洗機置き台はメタルラックが安くてお勧め!賃貸でも広い調理スペースを確保する方法

Adsenseページ単位の広告

食洗機を導入したおかげで本当に便利&楽になった我がキッチン。

しかし、それと引き換えに失ってしまったものもあります・・・

それは・・・調理用の作業スペース!

正式名称分かりませんが、あのシンクとコンロの間にある野菜とか切ったりする所のことです。

うちの場合、今住んでいるアパートではその作業スペース上に食洗機を設置しているのですが、作業スペースの奥から半分くらいが食洗機で埋まってしまっている状態です。

賃貸アパートの狭いキッチンだと避けられないこの問題・・・

うちもこれまでは「ちょっと不便だけどまぁ使えないこともないかなー」という感じでやってきていました。

でも折角ここまで便利にしたんだし、より便利にしたい!ということで、作業スペースを広げられるよう食洗機の下にスペースができるような置き台を遂に導入しました!

据え置きタイプの食洗機を置く台にはいくつか候補になりそうなものが市販されてますが、うちで導入した台はその中でも必要な性能を備えた上で手頃な価格で手に入るので、個人的には超オススメですね。

というわけで今回はその食洗機台についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

専用の食洗機ラックは高い

うちで使っている食洗機はパナソニックのNP-TR8-Tなんですが、一応パナソニックから純正の専用高さ調節脚とステンレス置き台が発売されてはいます。こんなやつ↓

が、対面キッチンの出窓部分の段差にステンレス板の一端を乗せて、もう一端を調節脚で支えるという設計のため、そもそもうちのキッチンだと出窓の位置が高すぎて設置できませんでした。

まぁ仮に設置できたとしても、脚の位置が台の中央付近にあるためあまり調理スペースが確保できなそうなことと、純正品ということもあって割と高価なのがネックで恐らく選ばなかったかとは思いますけどね。

他には、パナソニック純正品ではありませんが、食洗機を置くことを目的に設計された専用ラックを検討したりもしました。こんなやつ↓

これは伸縮式になっていて持ってる食洗機とキッチンに合わせて幅の調整ができる点とか、耐荷重もちゃんと食器入れた状態の食洗機でも余裕があるように60kgに設計されている点とかは良かったんですが、いかんせん価格がね・・・

さすがに食洗機を置くだけの台に1万円弱も出すのはな・・・ということで、もう少し安くて耐荷重も十分あって、サイズも丁度いい台ないかなーと色々探ってみたところ、遂に全ての条件を満たすものを発見!

それはズバリ、メタルラックです!

メタルラックなら安価に食洗機専用ラックと同等仕様が手に入る

このメタルラック、よくホームセンターとかに置いてありますので、見たことあるという方も多いかと思います。

僕の中ではあれって3段くらいのラックのセットになって売っているイメージで、台所の作業台の上に置けるような低いタイプのものなんて無いだろうなーと思ってました。

が、いやいや今の世の中便利なもんで、ありましたよAmazonさんに。作業台の上に置けるくらい低いポールが!

しかもポールだけでなくラックの板も数cm刻みでたくさんのバリエーションがあって、それぞれバラ売りしてくれていて、必要な分だけ買えるようになってる。

流石だよAmazon。

ちなみにメタルラックのメーカーもいくつかあるみたいでしたが、厚めのメッキ厚と2重メッキでサビに強いとアピールしているのと、種類の豊富さ、そしてブランドネームから、アイリスオーヤマのものにしました。

シンクの隣に置くものなのでやっぱり錆は気になりますからね。本当はステンレスが良かったんですけど見つからないし、あっても高くなるだろうしということでアイリスオーヤマのでまぁいいかと。

アイリスオーヤマのメタルラックの場合、ポールの径が25mm、19mm、12.7mmの3種類あって、それぞれメタルラック、メタルミニ、メタルスリムと区別されており、使える棚板のサイズや耐荷重が異なります。

ポールや棚板、その他パーツのラインナップは以下のアイリスオーヤマのサイトが一番詳しいです。Amazonだとどんなサイズ種類があるか分かりにくいので詳しく知りたい方はどうぞ。



僕の場合は、アパートのキッチンのサイズと上で紹介した伸縮式食洗機ラックの仕様を参考にして高さ15cm x 直径19mmのポールと、幅55cm x 奥行35cmの棚板にしました。これで耐荷重は75kgなので食洗機を置くには十分です。

ちなみに僕は食洗機の脚がメタルラックの棚板のワイヤからはみ出てしまうかもしれないのが嫌だったので、棚板の上に置けるプラスチックの板も追加で買いました。

これならメタルラックのどこに食洗機を置いてもちゃんと脚が乗るはず。

以上のものを実際に組み立てて設置した状態がこれです。正面から。

横からもどうぞ。

パナソニック食洗機なら棚板は55cm x 35cmが最適

パナソニックの食洗機であれば棚板のサイズはこの55cm x 35cmで丁度いいかと思います。

上の写真で見ると分かりますが、ポールの頭が棚板から少し飛び出るため、あまり棚板のサイズを詰めすぎると食洗機がポールの頭に乗りあがってしまうかもしれません。

あと強度的には高さ15cmのポールであれば補強パーツとか追加せずともこれで特に問題なさそうです。

棚板一枚だとグラグラしてしまわないか少し心配でしたが、このくらいのポール高さだと全然グラグラは無くがっしりとしています。

ちなみに上の写真の場合、15cmのポールの一番上の位置に棚板を取り付けていますが、棚板底面と作業台上面の隙間は11.5cm程度です。

数字で見ると意外と低いなという感じがするかもしれませんが、お皿はもちろんコップとかもギリギリ入るのでかなり作業スペースが広がり便利になりました。

高さ方向に制限がある場合は、スペースは小さくなりますが棚板を下げて使うと良いかもしれません。棚板の取り付け高さは2.5cm間隔で調整できます。

メタルラックの脚が滑る点は注意

一つだけ気になるのは、メタルラックの脚とキッチン作業台がかなり滑る点です。

メタルラックの脚には滑り止めが付いていないので、食洗機が乗っていてもちょっと押すだけでメタルラックごと簡単に動いてしまいます。

これだと地震のときなどメタルラックごと飛んでいってしまいそうで怖いので、滑り止めを買おうかと思っています。

おわりに

メタルラックを設置したおかげで、食洗機下のスペースを取り戻すことができました!

高さは11.5cmしかありませんので、あまり高さのあるものは置けませんが、切った野菜を置いておいたりできて超便利です。

折角食洗機を導入して食器洗いとかいう無駄に時間のかかる苦行を効率化したのに、作業スペースが狭くなって料理の効率が落ちてしまったら勿体ないですからね。

食洗機は便利に使っているけど調理スペースが狭くなって困ってた・・・という方には、より快適な食洗機ライフのためにメタルラックの設置を是非お勧めします!

コメント

  1. しんち より:

    こんにちは。
    このブログを読んで食洗機導入を決意しました。
    節約の為にメルカリで2年落ちの中古を仕入れました笑
    到着したら、ブログを参考にして自分で取り付けてみようと思います。
    私も節約がんばります(^^)

    • えいきち より:

      しんちさん、コメントありがとうございます。

      このブログが役に立ったようで嬉しい限りです!
      メルカリって食洗機も売ってるんですね。驚きでした。
      取り付けは慎重に確認しながらやれば大丈夫です。
      一緒に節約頑張っていきましょうね!